So-net無料ブログ作成
検索選択

菅内閣船出早々、民主は大丈夫? 河上衆院議員、本会議1日のみ(産経新聞)

 ■参院くら替え準備? 歳費満額460万円

 今夏の参院選に京都選挙区からくら替え出馬の決まっている民主党の河上満栄(みつえ)衆院議員(39)=近畿比例=が4〜5月にかけ、衆院本会議に1日しか出席していないことが9日、分かった。選挙区内で遊説など選挙準備を行っていたとみられる。この間に支払われた議員歳費(給与)などは計約460万円になる。河上氏は小沢一郎前幹事長から強い要請を受け出馬が決まり、4月2日に公認を得ている。

 河上氏は、所属する農林水産委員会と消費者問題特別委員会にもそれぞれ1日しか出席していなかった。

 衆院事務局によると、河上氏は4月6日の衆院本会議に出席後、4月8日〜5月31日に開かれた計14回の本会議をすべて欠席。農林水産委は4〜5月に計10回開かれたが、出席は4月6日だけ。4月に2回開かれた消費者問題特別委も1日しか出席していなかった。

 4〜5月に河上氏に支払われた歳費(月129万7千円)と文書通信交通滞在費(月100万円)は計約460万円。参院選出馬に伴い月内に辞職したとしても、6月分の歳費と文書通信費計約230万円と6月末支給の期末手当(ボーナス)272万6942円は満額が支給されるという。

 衆院議員は本会議時の登院が義務付けられている。欠席の場合には理由を付けた届を議長に提出することになっている。河上氏は欠席した14日間、横路孝弘衆院議長あてに欠席届を提出し、横路議長もこれを受理していた。

 衆院事務局は欠席届に河上氏が記載した「理由」を明らかにしていないが、欠席理由には、病気やけがのほか「所用」なども認められるという。

 河上氏のブログなどによると、河上氏は4月2日に民主党の公認を受けた後、遊説などを開始。殺人罪の公訴時効の廃止などを盛った刑事訴訟法の改正案を衆院本会議で可決した4月27日には、京都市北区でビラを配布。口蹄(こうてい)疫対策特別措置法案を農林水産委が可決した5月26日には、同市伏見区で高齢者から戦争体験の話を聞いていた。

 河上氏は元全日空の客室乗務員で、昨夏の衆院選の近畿比例(名簿49位)で初当選。今夏の参院選の京都選挙区(定数2)から2人目の公認候補としてくら替えでの出馬が決まった。

 産経新聞は河上氏側に取材を申し込んだが、9日夜までに回答がなかった。

 ■まさに「労働なき富」

 政治倫理に詳しい近畿大法学部、石田榮仁郎教授(公法学)の話「国民の期待を裏切る行為で、選挙優先、国会軽視の民主党の姿勢がよく分かる。本来の仕事をせずに給与をもらって平然としていられるのは国会議員だけで、民間なら考えられない。歳費の返還請求訴訟をしてもいいレベルだ。鳩山由紀夫前首相がガンジーの言葉を引用し、大罪として挙げた『労働なき富』とはまさにこのことだろう」

【関連記事】
クリーン菅に「政治とカネ」直撃弾 疑惑の否定も説明拒む
「小沢氏が民主党を大人に変えてくれた」鳩山前首相が感謝
「読売新聞に抗議したい」 荒井戦略相
官房長官「世襲はいません」 即刻撤回、実はあの大臣が世襲
「ボロでないうちに選挙だ」政府内で会期延長不要論高まる
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<郵政改革>再国有化阻止へ議員の会 野党3党有志(毎日新聞)
農水相は山田副大臣決まる(産経新聞)
洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
<口蹄疫>菅首相、12日に宮崎へ(毎日新聞)
「新聞離れ」ウソだった? 「読む91%」に違和感の声も(J-CASTニュース)

元専務ら強制捜査へ=ローソン子会社の不正流出―特別背任容疑・東京地検(時事通信)

 コンビニ大手ローソンのチケット販売子会社「ローソンエンターメディア」(LEM、東京品川区)の元代表取締役専務(38)らによる資金流出問題で、LEMに約120億円の損害を与えた疑いが強まったとして、東京地検特捜部は1日にも、会社法違反(特別背任)容疑で、元専務と切手企画販売「プレジール」(東京都港区)元幹部2人の強制捜査に乗り出す方針を固めたもようだ。
 ローソンが2月に不正流出を公表し、その後LEMの元専務らについて、特捜部に告訴状を提出していた。
 ローソンの社内調査に対し、元専務は資金を流出させたことを認め、「2007年11月ごろからの約2年間に、複数回にわたり計約9000万円をプレジール側から受け取り、住宅ローンの返済やリゾート会員権の購入などに使った」と説明したという。 

【関連ニュース
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
「コメントするのは不適当」=小沢氏不起訴処分で首相
小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ
小沢氏、21日に不起訴=陸山会事件
「小沢氏了承」改めて供述=再聴取に元私設秘書、石川議員も

医療事故で賠償できる医療費の設定を(医療介護CBニュース)
野口さん、2日に帰還=半年滞在、ソユーズ宇宙船で(時事通信)
【明美ちゃん基金 ベトナム医療団】回復順調、戻った笑顔(産経新聞)
福岡・芦屋町が組事務所購入、住民の不安対応(読売新聞)
遺族への賠償命じる=全国初の裁判員事件被告に―東京地裁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。